到着まで

購入概要については前回の記事を参照。

ErgoDoxを注文した - Wakotech Blog

106円/ドルのタイミングで購入したのと、カード会社の上乗せ分(2円程?)が入り、35,000円程度での決済だった。

到着までだいたい2週間。関税の支払いを受け取り時にするので、対面受け取りが必要。(1300円だった)

台湾から発送で、海外購入の業者から来ますが、土日の再発送だったのでクロネコヤマトに引き渡してくれた。便利。

リマップ

jackhumbert/qmk_firmwareからcloneなりforkなりする。

元のキーマップはkeyboard/ergodox_ez/keymaps/defaultに存在するので、これを元に自分用のディレクトリを切る。

keymap.cに配置情報が書かれているので、これを編集する。当然ながらコメントを実装コードの両方の編集が必要。

引数をいい感じに改行してわかりやすくなっているので、これをなるべく崩さないようにするのが良い。

特殊な挙動を当てるキーコードについては、主に以下を参考にした。

ErgoDoxのキーマップをいじる時に見るチートシート - Qiita

リマップしてからしばらく使っていると、主に親指まわりが納得いかず何度も修正することになる。

1週間経った現在でも安定していないので、結構長い戦いになりそう。

なお、半角/全角切り替えは、OS側でのリマップが必要だった。

モディファイアキー/任意のキーでのMod/Tapを設定し、任意のキーをOS側でIME制御に割り当てた。

残念ながら、この任意のキーは殺すことになる。自分はF15/16に死んでもらった。

OS XならばKarabinerのprivate.xmlでKeyToKeyを書く。WindowsはIME設定から設定できる。

(この時代にXMLを真面目に書くの、つらい気持ちがある。)

現在の自分の配置は以下の通り。

感想

  • 元のキーボード(HHKB)を使った時に肩がきついことを感じるようになった。
  • 小指を酷使しないようにリマップしたので、指の負担が減った気がする。
  • 親指を変に動かすとこちらが疲れるので、意外と親指で色んなことはできない。
  • レイヤー機能でメタキーをOS上のソフトウェアに頼らず実装できるので、安定する。
    • 特にWindowsのリマップが貧弱だったのが解消されたのは嬉しい。

練習にe-typingをやったが、はじめはE評価だった。脳に指がついてくるようになるには、慣れが必要。