飲食店の新メニュー、だいたい後悔するものである。

今日はすた丼に行った。完全にすた丼の気持ちの胃袋だった。

しかし新メニューがあった。前もその前も新メニューにつられて失敗し、次は普通のすた丼を頼むと決めたのであった。

悩んだ。

しかし、新メニューを頼んでしまった。期待してしまった。

期待は叶わなかった。後悔した。

なぜ失敗を繰り返すのか

考えてみた。注文前に逡巡しているので学んでいないわけではないはずだ。

新メニューに挑戦したいというチャレンジ精神が強いわけでもない。全メニュー制覇をしたい気持ちが強いわけでもない(全くないわけではないので、好奇心はありのであろう)。

考えて出た結論は、とにかく今までにない、新しい感動に期待したいのだ。

新しいお店を発掘するのに近い、期待。食べログの評価がないだけ失敗しやすいかもしれない反面、いつも好きなお店という期待が混じる。

飲食店に限らず、人生は希望的観測による期待を持って生きていきたいのだ。

宝くじを買えば、当たったときのことを考えるような淡い期待。そんなものかもしれないが。

とにかく僕は期待してしまう人間だということが改めて分かった。のでポエムにした。

期待できる人生の日々でありたい。