Node v9 (実際にはv8系の後半から実装されていたようですが)では、フラグ付きで ES Modules の解釈ができるようになっています。

import/export 双方とも .mjs となっている必要があるようです。

import Messanger from './messanger'

Messanger.esm()
export default class Messanger {
    static esm() {
        console.log('Hello ES Modules!')
    }
}
$ node --experimental-modules index.mjs
(node:8348) ExperimentalWarning: The ESM module loader is experimental.
Hello ES Modules!

.mjs 拡張子で CommonJS を記述すると module が見つからずエラーとなるため、 CJS のファイルの拡張子は .js にする必要があります。

CommonJS 形式で記述されている( = 現行の node.js ライブラリ)の場合、 named import ができないため、以下のような記載はエラーになります。

module.exports = class Messanger {
  static esm() {
    console.log('Hello ES Modules!')
  }
}
module.exports.cjs = function() {
  console.log('Hello CommonJS!')
}
import Messanger, { cjs } from './messanger' //=> SyntaxError: The requested module does not provide an export named 'cjs'

なので、以下のように使います。

import Messanger from './messanger'
const { cjs } = Messanger

cjs() //=> Hello CommonJS!

or

import Messanger from './messanger'

Messanger.cjs() //=> Hello CommonJS!
Messanger.esm() //=> Hello ES Modules!

後者だと呼び出し上、 Messanger の static メソッドと見分けがつかなくなるため、前者の方が良さそうに感じます。

数年後、ES Modules が標準になればライブラリ群もES Modules でロード可能になるだろうと思うので、それまではライブラリ等の .js の named import 不可については意識していく必要がありそうです。


参考: Node.jsのES Modulesサポートの現状確認と備え